喪中(もちゅう)|用語集

供養~葬儀、冠婚葬祭に関する業界の専門用語から、お寺・神社の歴史に関する用語まで、意味をわかりやすいように解説した用語集・辞典です。寺院・神社の参拝方法や、礼儀作法などのマナーも紹介しています。ご自由にお役立てください。

喪中(もちゅう)

喪中とは喪に服している期間のことをいいます。
喪中の期間は故人が亡くなってから一年の範囲です。忌中とも同じ意味で使用されたりもします。
喪中の期間は、親族は世間から乖離(かいり)して謹慎します。死者を出した家は穢(けが)れているので、その穢れを外に出さないために一般社会との関係を絶つという意味があります。
喪中の時は、入籍や結婚式などの慶事の出席をさけるのが常識です。また、旅行や初詣の参拝などは避けた方がよいでしょう。
喪中ハガキを出して年賀状の挨拶の交換を慎むのがマナーです。喪中ハガキは年賀状の交換を辞退する旨を伝えるお知らせのハガキのことをいいます。
礼儀作法について知りたい方はこちら