お役立ち情報|摂社と末社の違い

このエントリーをはてなブックマークに追加 良かったら「いいね!」
摂社と末社の違い

▼ 摂社(せっしゃ)とは

神社に祀られている祭神と縁故の深い神様を祀る神社のこと
摂社(せっしゃ)とは

摂社は枝宮(えだみや)とも呼ばれ、神社本社とは別に境内や周辺の境外にある小規模な神社を指します。

摂社は末社と併せて摂末社(せつまつしゃ)と言います。

境内にある摂末社は境内摂社(けいだいせっしゃ)または境内社と呼びます。

境外の敷地にある摂末社は境外摂社(けいがいせっしゃ)または境外社と呼びます。

スポンサーリンク

▼ 末社(まっしゃ)とは

神社に祀られている祭神とは区別された神様を祀る神社のこと
末社(まっしゃ)とは

末社は枝社(えだやしろ)とも呼ばれ、神社本社とは別に境内や周辺の境外にある小規模な神社を指します。

また祭神と縁故の深い神様を祀るところもあり、規定は特にありません。

末社は摂社と併せて摂末社(せつまつしゃ)と言います。

境内にある摂末社は境内摂社(けいだいせっしゃ)または境内社と呼びます。

境外の敷地にある摂末社は境外摂社(けいがいせっしゃ)または境外社と呼びます。

▼ 摂社や末社の参拝

摂社や末社の参拝

摂社や末社の参拝に決まりはありませんが、神社へ訪れたのであれば本殿の御祭神だけでなく全ての社に参拝されることをおすすめします。

本殿のみ神様をお祀りしているわけではなく、摂社や末社には御祭神以外の神様がおり、それぞれ違った御神徳があります。

本殿参拝後にすべての摂社や末社へ参拝することで新たな発見があるかもしれません。

注目の寺院・神社