厄年とは何?についてのお役立ち情報

1、厄年とは何?

「神頼みはしない」という人でも、ついつい気になってしまうのが厄年ではないでしょうか。
しかし、そもそも厄年って何なの?厄払いとは何をすればいいの?など分からない事ばかりです。不安を軽くする厄年の過ごし方や、正しい厄払いの方法を紹介致します。
1、厄年とは何?
2、厄年にしていい事、いけない事
3、厄払いの方法とは?
4、厄年の数え方


~厄年とは何か?~
厄年は数え年で判断します。
数え年は1月1日で満年齢に2歳を加え、その年の誕生日から満年齢に1歳を加えます。
男性が大厄の年は女性は小厄。女性が大厄の年は男性は小厄となります。

男の厄年(数え年)

前厄 本厄 後厄
24歳 25歳 26歳
41歳 42歳
(大厄)
43歳
60歳 61歳 62歳

女の厄年(数え年)

前厄 本厄 後厄
18歳
19歳 20歳
32歳 33歳 34歳
36歳 37歳
(大厄)
38歳
60歳 61歳 62歳
男性の40代前半、女性の30代半ばなど、肉体的・精神的変化が大きく、体に気をつけなければいけない年齢を、昔の人は経験的に厄年と考えたそうです。
また、「死に(42歳)」「散々(33歳)」など語呂の悪さも重ねて考えたようです。
現在の厄年の考え方は、江戸中期、元禄のころには出来上がっていたと言われています。
当時の男性の大厄の「42歳」と言えば、すでに老境の入り口。(江戸時代の平均寿命は50歳くらいだったと言われます…下記参照)

【江戸時代の平均寿命について】
江戸時代は現代のように戸籍制度が整備されておらず正確な人口統計ができないため、正確な平均寿命を計算することは難しいのですが、さまざまな資料や研究から江戸時代の平均寿命は30~40歳といわれています。
そもそも平均寿命とは「各年における0歳児が何歳まで生きられるかを統計学的に予想した寿命」の事で、江戸時代は乳幼児の死亡率が高く幼児死亡率が平均年齢を下げていたといわれています。死因の大部分は伝染病で、5歳までに生まれた子供のうち半分育てばよいほうと言われた程だそうです。
幼少期を過ぎれば50歳くらいまで生きた人が多いと言われています。

つまり、 男性の大厄の42歳なら重い病に倒れてもおかしくない年齢だったのです。
そんな老いや死への漠然とした恐怖感も、厄年に結び付けられて考えられたようです。
そもそも、この「厄年」とい発想は民間信仰(地域住民の日常生活のなかで伝統的に形成された宗教現象のこと)として生まれたものなので、宗教的な教理上の意味があるわけではないようです。人生の節目に病気や災難に気をつけるための、庶民の知恵だったのです。



>厄払いのQ&A
内容1、厄年とは何?
  2、厄年にしていい事、いけない事
  3、厄払いの方法とは?
  4、厄年の数え方