初詣での作法についてのお役立ち情報

初詣の作法について

【初詣の服装について】
ハレの場にふさわしい服装で行くのが正解!
どんな服装でも構わないと思っていませんか?
冠婚葬祭のような決まりはありませんが、初詣では神様や仏様にあいさつに行くものです。
ハレの場なので、それにふさわしい服装を心がけた方が良いようです!
着飾らなくてもよいので、自分にとっての晴れ着を選んで行きましょう!

【お祓いは受けるべきか?】
お祓いを受けないとご利益なしは間違い!
参拝方法には2種類あり、拝殿の外からお参りする「社頭参拝」と、拝殿に上がってお祓いを受ける「昇殿参拝」があります。どちらを選ぶかは自分の気持ち次第!大切なのは真心を込めて感謝と祈りをささげる事です。
厄年の人や前年に不運があった人など、社頭参拝だけでは安心できないときは、初穂料を納めてお祓いを受けると良いようです。

【願い事の内容はいくつ?】
基本は1つです!
後利益を祈願する前に、まず新しい年を迎えられたことへの感謝を捧げます。そして願い事は本来1回に1つのようです。
欲張らず、今年の抱負が叶うよう心を込めて祈願しましょう!
各寺社で唱える言葉がある場合はそれに従いましょう。
お寺では「名無+ご本尊の名前」を唱えるのが基本のようです。

【お賽銭の額について】
額が多いほどご利益大は間違い!
お賽銭の額は自分の気持ちで決めて大丈夫です。
神社のお賽銭は神様への供え物。
寺ではお布施であり、欲や執着を捨てる施しの修行となります。
その趣旨を考え、自分の気持ちに見合う額を納めましょう!

【家族全員で詣でるべきか】
それぞれが自分でお参りするのが基本です!
家族の健康や幸せを祈祷するのはいいことですが、「家族の分までもまとめて」ではなく、一人一人自分でお賽銭を入れて拝礼するのが基本です。
喪中の人や外出できない事情がある場合は、誰かに代理で参拝してもらってもよいようです。


>神社の参拝方法についてはこちら
内容1、鳥居のくぐり方と参道の歩き方
  2、手水舎での清め方
  3、賽銭の入れ方からお祈り方法

>寺院の参拝方法についてはこちら
内容1、山門のくぐり方と参道の歩き方
  2、手水舎での清め方
  3、常香炉での清め方
  4、賽銭の入れ方からお祈り方法

>お墓の参拝方法についてはこちら
内容1、いつ行けば良いのか
  2、持って行くものとは?
  3、作法・参拝方法について
  4、服装、名号、お数珠、合掌の仕方について
  5、敷き紙(お供え物の下に敷く半紙)の折り方

>初詣でと神社・寺院についてはこちら
内容1、初詣では寺に詣でるの?神社に詣でるの?
  2、詣でる寺社の選び方とは?
  3、詣でる時間帯に決まりはあるのか?

>いつどこに詣でるかについてはこちら
内容1、詣でる日はいつ?
  2、参拝先の組み合わせ方に決まりはあるのか?
  3、毎年同じ神社に行くべきなのか?
  4、喪中に詣でてもよいのか?

>初詣でと神社・寺院についてはこちら
内容1、初詣の服装について
  2、お祓いは受けるべきか?
  3、願い事の内容はいくつ?
  4、お賽銭の額について
  5、家族全員で詣でるべきか