厄年にしていい事、いけない事についてのお役立ち情報

このエントリーをはてなブックマークに追加 良かったら「いいね!」
2、厄年にしていい事、いけない事

「神頼みはしない」という人でも、ついつい気になってしまうのが厄年ではないでしょうか。
しかし、そもそも厄年って何なの?厄払いとは何をすればいいの?など分からない事ばかりです。不安を軽くする厄年の過ごし方や、正しい厄払いの方法を紹介致します。
1、厄年とは何?
2、厄年にしていい事、いけない事
3、厄払いの方法とは?
4、厄年の数え方


~厄年にしていい事、いけない事~
運気が変化するとされる厄年に、自分自身の大きな変化を重ね合わせるべきではないと昔から言われています。
例えば、「厄年には引越しや新築などは避けた方が良い」などが定説なようです。
しかし、あまり気にし過ぎると旅行すら行けなくなってしまいます。引越しや海外旅行など1年だけ我慢できることを1つ決めて、後は好きな事をした方が良いという考え方もあるようです。

~厄年を飛躍の年に~
また、厄年を飛躍の年とする考え方も昔からあるようです。
漫然と生きるよりも、人生は節目を付けて生きた方がよい。その節目こそが厄年で、その時期がチャンスだ!という考え方です。
逆転の発想で、厄年に独立・企業をして後に大きく飛躍する事を願う、などがあります。

~女性にとって気になること…厄年の結婚・妊娠・出産~
女性にとって気になる、厄年での恋愛や結婚、妊娠、出産についてですが、そもそも成り立ちを考えるとそこまで気にする必要もないようです。
出産などに関しては子を授かれば厄を落としてくれる等の言われもあるようです。
悪いことが起きたらそれを受け入れて、あまり気にしないようにしよう位の気構えで今まで通り生活をされた方が良いようです。それでも気になる場合は厄払い等を取り入れて気持ちの面でもすっきりしておくことが大切だと思われます。



>厄払いのQ&A
内容1、厄年とは何?
  2、厄年にしていい事、いけない事
  3、厄払いの方法とは?
  4、厄年の数え方

注目の寺院・神社