大乗仏教(だいじょうぶっきょう)|用語集

供養~葬儀、冠婚葬祭に関する業界の専門用語から、お寺・神社の歴史に関する用語まで、意味をわかりやすいように解説した用語集・辞典です。寺院・神社の参拝方法や、礼儀作法などのマナーも紹介しています。ご自由にお役立てください。

大乗仏教(だいじょうぶっきょう)

仏教の二大流派のひとつのことです。
大乗仏教は紀元前後に成立したと言われ、それ以前の旧来の仏教は小乗仏教と呼ばれておりました。「乗」は乗り物を意味します。