大師(だいし)|用語集

供養~葬儀、冠婚葬祭に関する業界の専門用語から、お寺・神社の歴史に関する用語まで、意味をわかりやすいように解説した用語集・辞典です。寺院・神社の参拝方法や、礼儀作法などのマナーも紹介しています。ご自由にお役立てください。

大師(だいし)

偉大なる師という意味です。
仏などに対する尊称であり、高徳の僧への敬称としても使われる。
一般的に大師とは弘法大師(空海)のことを指します。その弘法大師を祀る「西新井大師」、「川崎大師」、「観福寺大師堂」は関東厄除け三大師と言われています。
関東厄除け三大師と関東三大師とは全く別のもので、「佐野厄除け大師」、「青柳大師」、「川越大師」を関東三大師と言います。