読経(どっきょう)|用語集

供養~葬儀、冠婚葬祭に関する業界の専門用語から、お寺・神社の歴史に関する用語まで、意味をわかりやすいように解説した用語集・辞典です。寺院・神社の参拝方法や、礼儀作法などのマナーも紹介しています。ご自由にお役立てください。

読経(どっきょう)

読経とはお経を読むことです。 お経とはお釈迦様が説かれたものだけをいい、ほとんどの宗派では般若心経が読まれています。
読経と念仏の違いとして、念仏は浄土教系の宗派が南無阿弥陀仏と唱えることをいいます。読経の中の一部に念仏が含まれているという考え方になります。葬儀(葬式)や四十九日の法事の際には必ず僧侶による読経があります。
読経料金はお布施によって納めますが、金額の相場は宗教・宗派、法事の種類によってさまざまです。
寺院費用についてもっと知りたい方はこちら