月読命(つくよみのみこと)|用語集

供養~葬儀、冠婚葬祭に関する業界の専門用語から、お寺・神社の歴史に関する用語まで、意味をわかりやすいように解説した用語集・辞典です。寺院・神社の参拝方法や、礼儀作法などのマナーも紹介しています。ご自由にお役立てください。

月読命(つくよみのみこと)

日本神話の神のことです。
月読尊と書かれることもあります。
天照大神の弟神にあたり、須佐之男の兄神にあたります。月読は月の神とされており、次の時代の形を読み解き、人々に知らせる役割を持つといわれています。